パトロンの作り方

独立資金の援助
アート系の専門学校に行ってたんだけど、なんかさ、社会人になると、パトロンの作り方の方が教えて欲しかったなと思うんだよね。
やっぱり、アート関係って言ってもさ、人間関係じゃん。好きなものを好きなように作って売れる人なんて一人もいない。
みんな人付き合いの中で折り合いつけてやるしかないわけで。
だったら、アートの専門学校なんてバカ高い学費払うよりは、パトロンの作り方を教えます!って方が実践的だと思うんだよね~。
そしてそっち方面で役に立つ人脈を紹介してくれるとかさぁ。
アートの専門学校出たからって、コネがあるわけでもなし、実力があるわけでもなし。「あとは自力で!」って放り出されたって、就職できるわけじゃないしさぁ。
私も、アート系の専門学校でた後、アパレルで働いてたけど、もうブラックもいいとこ。
お給料少ない、土日は休めないし、彼氏ともそれで別れることになってさ。
パトロンの作り方とか、人脈の作り方とかそういう技術の方が社会に出たら大事だってこと、なんで誰も教えてくれなかったんだろう。
特にアート関係、私も小さい時から絵が上手だとか手先が器用だとか、将来は画家とか芸術家だね!なんておだてられて育ったからさ・・・。
個性が大事!って間違った思いこみで生きてきちゃってたんだよ。
その時にちゃんと、個性より、パトロンの作り方の方が役に立つよと誰か教えてくれれば良かったのに!
そしたら、私、今、アパレルで奴隷してなかったと思う。もっと好きなことをするために犠牲にするもの、しないもの、選べてたと思う。
お金欲しい掲示板
お金支援サイト

満員電車で待ち合わせ

待ち合わせ痴漢
キャバクラで働き出して3ヶ月。なかなか指名を貰えません。同期で入った菜々はもう指名を取れているのになぜ私は取れないのか不安に思っていました。そんな時に新規のお客さんに私が指名を取れない愚痴をこぼしていたら「私が指名をしてもいいよ。でも条件がある。」条件があっても指名してくれるなら構わないと思いました。何故なら今日初めて来店さこのお客は高いボトルもどんどん入れてくれたしお金を持っている感じがしました。「条件はなんですか。」「満員電車で待ち合わせをして君を電車の中で痴漢をしてみたい。」満員電車で待ち合わせして痴漢。変なお客だと思いました。だけど指名してくれるならと多少の痴漢行為ならいいよと言うことで成立しました。
後日指定された駅のホームと時間に並んでいると他人のフリして近寄って来るあのお客さんがきました。そして、電車乗り動き出すとそのお客さんは持っていた自分のバックで私のお尻に押したり、死角になっている時は直接私に触ってきたりとしましたが、意外に私が興奮してしまいました。30分後駅から降りると私はエッチがしたくなりました。
その後そのお客さんと近くのカフェに行きました。今日はどうだったと尋ねてきたので「スリルなところが楽しかった。」と、伝えると「本当に満足したのか、してないならホテルに行かないか。」と誘われました。私は軽く頷きその後場所を移して続きを始めました。そして、お客さんは約束どおりお店で私を指名してくれました。
待ち合わせ痴漢
イメージプレイ

センズリ鑑賞

DXLIVE
前に付き合っていた男のせいで私は男性が苦手になってしまいました。その彼とはお見合いパーティーで知り合いました。優しくて、レディーファーストで、私の両親のことも気にかけてくれたりと彼と付き合えたことが当時はとても幸せでした。友達にも彼を紹介すると友達も良い人でよかったねと言ってくれます。
ところが、付き合って一年が経つ頃彼は少しずつ変わりました。まずは、出かける時は全部彼に報告しないと後で怒ってしまうところ。次はエッチ。前は私が生理中の時は体を気にかけていたのに今では本当に生理なのか、他の男と浮気しているのがバレるからやらないのかなど生理の証拠みたいなことを見せないといけないことに。しまいにはそんな時は彼のセンズリ鑑賞を何故かしないといけないというセンズリ鑑賞していると興奮するから凄くいいという彼だけど、正直呆れてしまう私。もう付き合えないと思い別れを告げると私の両親の家に行って彼女とよりを戻したいなど泣いて頼んだり、私の友達にも連絡を何故か交換していて助けて欲しいと言ったりと恐怖しか感じなくなりました。そして、別れを告げて3ヶ月後にようやく完全に別れられましたがこんなめんどくさい男がいるならしばらく彼氏はいらないと思っていましたが、ある日私の職場の近くで彼が女性と手を繋いで歩く姿を発見しました。しかも、私に気付かせるつもりなのかその場を行ったり来たり。もう、マジ疲れると思った矢先に職場の後輩が困っている私を助けてあげると彼に見えるようにして私に手を繋ぎランチをしに出かけました。その光景を見て彼はその場を離れ私は後輩にお礼を言うと「俺、本当に先輩が好きだからこのまま付き合ってください。」と告白されました。
女性のオナニー
センズリ鑑賞

ぽっちゃり好きのパパ

アプリを使ったパパ活
10代で子供が出来て、20歳の彼と結婚をしましたが、デキ婚だしお互いまだ遊びたい年齢ということもあって彼はフリーター生活をやめられずに仕事が休みの日にはギャンブル。私は少ない給料で節約していたので食費を削りながら自分の服などは買わずに過ごしていましたが、子供が産まれても相変わらず彼はフリーター生活をやめてくれませんでした。そしてお互いがストレスが溜まり離婚をしました。離婚をしてからは私は実家に帰りました。実家にはお金を入れていませんが節約生活から解放されたこともあって私は太ってしまいました。昼は両親が働いていることもあって私が子供の面倒を見ていますか、夜は子供を両親に預けて私はキャバクラで働くようになりました。
ある日ぽっちゃり好きのお客が店に来店しました。その人は私を見るなり私を指名してそこから色々とあって私のパパになりお金を援助してくれるようになりました。子供がいることも伝えていたので、子供のおもちゃなども買ってくれます。ぽっちゃり好きのパパは本当に私にとってもう1人の子供のおじいちゃんという感じでした。そのため、子供のためという気持ちもありキスまではたまにしていました。
だけど、子供が4歳になってから夜の世界で働くことに少し後ろめたさを感じるようになり私は昼の仕事をするようになりました。もちろんパパとの関係は切っていません。昼の仕事で残業があるからと言って両親に子供を預けて夕方パパと会ったりもしています。
しかしお昼の仕事が少し忙しいと言うこともあって私の体重は少しずつ落ちていきぽっちゃりが普通体型になっていきました。そんな私を見てパパはもっと太ってほしいとよく言ってきます。
ノンケのフェラ友
ちんこ動画

ソープで筆おろし

童貞狩りされたい人が使うアプリ
 童貞を苦に、ソープで筆おろしをしてもらおうと思いました。
21歳、工場で勤務している男です。
全然、女の子と出会うことができませんから、何とか初体験をしなければという焦りを感じていました。
性欲も旺盛だから、我慢ができない日々が続いていました。
手っ取り早い方法として、ソープで筆おろししてもらう、こんな考えを持つようになったのです。
まっ、薄給リーマンですから、頑張って貯蓄をして、夢の天国へ。
男のロマン漂う風俗に出かけることになりました。

 メチャクチャな緊張を漂わせながら、ソープの門をくぐりました。
「ご指名は」
なんて聞かれちゃって、誰でも良い的なことを、何とか答えてソープ嬢との関係を作ることに。
待合室で、待っている時間が非常にもどかしい。
それと共に期待が激しく大きくなっていく。
ソープで筆おろしを選択したのは、間違ってはなかったなという気持ちにはなっていました。

 やっと順番が回ってきて、ソープ嬢と魅惑の関係を作ることに。
だけど・・・泡姫の顔を見た途端、既視感。
あれ?
何処かで観たことがある顔なんだが。
瞬間的に思い出すことができなかったのですが、泡姫の方から「あれ?〇〇じゃないの?」と、言い出したのです。
その声を聞いて、思い出しました。
高校の同級生。
「深衣奈じゃないかっ」
確か、深衣奈は女子大生になっていたはずなのですが。
「ははっ、これバイトだよ。お金がないと遊べないからねえ、ソープ嬢やってるの」
とんでもない出会いに、緊張が始まってしまったのでした。
ただ深衣奈は屈託のない笑顔を見せてくれちゃって「顔見知りだから、思いっきりサービスしちゃおうかな」って、サービスを開始してくれました。

 そりゃね、さすがにまさかの出会いですからね。
なんというか、頭の中混乱状態。
だけど、深衣奈に性的サービスを受けていると、これがはちゃめちゃ気持ち良い。
それで、同級生の肉体で筆おろししてもらえてしまったんです。
ソープで筆おろしで、まさか同級生にやってもらうなんて、想像すらしてませんでしたよ。
帰りには、もちろん割引券もらいました。
デリヘル業者
プチ援

ツーショットチャット

ツーショットチャットしてみたことはあるんだけど、実際、ツーショットチャットという展開になると、どう話を進めていいか分かんなくなっちゃって。
妙に緊張しちゃってさ。
初めて女の子をデートに誘う時のドキドキと緊張感で、喋れなくなっちゃって。
どうしよう、どうしよう、何話そう、ってか、全然ネタが浮かばねーよ!って頭の中でぐるぐる考えちゃってるだけで、実際は「・・・」って沈黙。
これじゃ絶対彼女も呆れてる!せっかくツーショットチャットしてくれたのに、楽しませることができない!どうしようどうしようどうしよう・・・のループ。
だけどさ、相手はそういうツーショットチャットに慣れてるみたいで、なんか雰囲気は悪くならなかったんだよね~。
向こうの方が色々聞いて来てくれて。
「今日、何してた~?」とか「普段どんな曲聞くの?」とか、色んな引き出しを開けようとしてくれてさ。
エロチャットをしてセンズリ鑑賞をさせた女の子をセフレにしています
それで冷静になったんだよね。
あ、そうかって。ツーショットチャットで俺、自分アピールすることしか考えてなかったんだって。
もっと相手に対する興味、何が好きで自分との共通点とか、そういうのを探るべきだったんだって。
冷静に考えると、そうなんだけど、どうしても相手が女の子でツーショットチャットってなると、ガツガツし過ぎて空回りしちゃってたみたい。
ハズカシ・・・。
普通の会話の中から、お互い何かしらの共通点を探して行けば会話なんて簡単だよね。
相手だって、ツーショットチャットに応じてくれたんだから、俺と話してみてもいいかなって思ってくれたんだし。
チャットオナニー
テレクラ

ネットカフェ難民

セフレ探し
ネットカフェ難民を狙って甘い言葉をかけると意外と女の子はホイホイと付いてきますので簡単にセックスまでいくことができます。

いろんな体験をしたい人にとっては間違いなくこのような人は狙うべきですし必ずいい結果を手に入れることができますので個人的にはかなりオススメです。

最高に気持ちのよき時間を可愛い女の子と過ごしたいんだというような人はやはりプライベートで一生懸命叶わないような夢を見て駆け引きをするよりもネットカフェ難民を狙っていくほうがずっと効率的でしょう。

今回の自分のセックスした相手もそういう女の子でしたが、とにかく普通に可愛いタイプでしたので個人的には何も文句なんて言えないくらいのルックスでしたよ。

様々な体験をさせてくれるようなサービス精神の持ち主でしたので、最初からお互いの会話としては普通に盛り上がりましたし、性格も良かったので楽しい時間を過ごせたと思います。

彼女たちは寝床に困っているパターンがほとんどですので、こちらがそういった場所を提供すると伝えると喜んで付いてきますからね。

基本的にはそういう女の子は出会い系で見つけるようにしました。

積極的に安心した時間を使うことができるということが普通では体験できませんのでそういった女の子と出会うことができるこのツールは最高に素晴らしいと個人的には思います。

安心しながら時間を女の子と過ごすことがなかなかできませんでしたので、今回の女の子のように気持ちの良い対応をしてくれるタイプの人は自分にとっては貴重な存在です。

半端じゃない快感を的確に手に入れるということであれば、本当に最高にやばい時間を手に入れることができます。

一つ一つの安心した時間を過ごしながら快楽をしっかりと手に入れることというのは自分にとっては当たり前になりました。

セックスフレンド募集
セフレ募集掲示板

センズリチャット

オナニー鑑賞をさせられた前の彼氏の性癖に影響を受ける
センズリチャットって・・・何?
最初聞いた時、何のチャットなのか分かんなかったんだよね~。
大学で何人かと話してて「センズリチャット」の話になったんだけど、そのセンズリって意味が分かんなくて、一瞬ポケッとしちゃった・笑
どこかの方言?隠語?こっそりググった。
あ、オナチャットとかそんなやつかーってやっと話についていけたけど、センズリって言い方もあるんだ!ってびっくりした。
さらにクーグルさんに聞くと、センズリって言葉、江戸時代以前からあるらしいね。
昔の人もオナニーしてたんだね・笑
現代の人もまだ使ってるわけだから、長生きな言葉だよね・・・。
センズリチャットなんて、古風な言い方するから、内容も古風なのかと思ってしまったけど、内容は別に普通のオナチャットと変わりないみたい。
今まで身近に「センズリ」なんて言葉使う人間いなかったもんなー。
地元の友達も、多分俺と同じで、センズリチャットなんて言われてもポケッとしちゃうと思う。
今度地元に帰ってから「センズリ」という言葉を使ってみようかな、なーんて思ってしまった。
そうやって言葉が伝播していくんだなぁ、としみじみ。
昔の人も、何世紀にもわたってセンズリが生き残るとは思わなかったかもね。
っていうか、センズリを知らずに死んでいった人もいたかもしれない・・・。
そう考えると、言葉との出会いというのも、なかなか偶然でもあり、ロマンがあるよな。
自分、言語学とかまったく興味なかったし、学部も経済だけど、ちょっと言語学興味出てきた。
ナンパしてセンズリ鑑賞
露出狂